家族葬のメリットとデメリット

一般的なお葬式ではなく、家族葬に決めようとする前に、しっかりと家族葬のメリットだけでなくデメリットにも目を向ける必要があります。故人の遺志によっては一般的なお葬式よりも思いを反映させやすいと言われている家族葬ですが、それでもメリットばかりではなく、やはりデメリットなども存在しています。メリットとデメリットを見比べた上で、メリットの方が大きいのはもちろんの事、デメリットの内容も十分にカバーする事ができると確信してからでないと大きなトラブルに繋がる可能性があります。

最初に理解しておいて欲しいデメリットは、お葬式に出席する人数を絞ることでのトラブルです。後日、お葬式に出席したかったと言われる方への対応に追われるような可能性もあります。特にご友人の多い故人の場合には、どこまでを招待したらよいのか判断がむずかしいといった事もありますので十分な注意が必要になります。また、こういった新しいお葬式に対して保守的な親戚の方やご家族から良く思われないというデメリットも忘れてはいけません。

メリットとしては、とにかくリーズナブルにお葬式を終える事ができる点や、故人の理想通りのお葬式にする事ができるといったところがあります。家族葬は、一般的なお葬式と比べて規模を小さくする事ができますのでリーズナブルな予算でお葬式を執り行うことができます。また、自由度が一般的なお葬式とは異なりますので、BGMなどを始め、故人の理想のお葬式にする事ができます。従来のお葬式の型にハマらない自由度の高いお葬式をしたいという方は、家族葬の方がメリットが大きいと言えます。