家族葬の注意点

家族葬のスタイルでお葬式を執り行うと決めた場合には、いくつかの注意点をしっかりと理解しておく必要があります。一般的なお葬式とは異なる部分が多いのですが、ポイントをおさえておけば、そう大きなトラブルに発展することはないでしょう。家族葬のスタイルでお葬式にチャレンジする場合に最も注意しなければいけないポイントとしては、お葬式に呼ぶ方の選出です。特に親族の方を呼ぶような場合には、普段からそこまで交流の無かった親族の方でも呼ばないと後々トラブルの原因に発展してしまいます。

そのため家族葬を行う場合には、はっきりとどこまでの方を呼んで、どこからは呼ばないのかという第三者が見てもはっきりとわかるラインを設定するというのがとても重要なポイントになってきます。

特にリーズナブルな予算で心のこもった家族葬を行いたいという場合には、それだけしっかりと厳選して参列者を選ばなければいけなくなりますので、お金をかけていない分、そういった面倒な事が増えて行きます。生前に終活として家族葬のお話ができるのであれば、故人の方と親しい方の名前をピックアップしてもらうようにしておくとトラブルが少ないのでおすすめです。

また、家族葬をする際に訃報を届ける場合には、必ず家族葬である事を明記するようにしておくことが大切です。参列者以外の方には弔電や香典を辞退するという事を伝えておく必要があります。参列する方にも参列しない方にも手を煩わせないように用意しておく事がとても重要になってきます。